眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは

まぶたが重く感じる。前よりもまぶたの開き具合が悪い。おでこの筋肉を使ってまぶたを開ける癖がついてしまった。このような症状は眼瞼下垂と呼ばれる状態になっていることが多い。ここではそんな眼瞼下垂についてご案内します。

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは、眼瞼(まぶた)、下垂(垂れ下がる)という意味で、まぶたの開き具合が悪くなっている状態を言います。

眼瞼下垂

眼瞼下垂の種類には大きく分けて2つのタイプがあります。一つは、生まれつき筋肉等に障害があり、まぶたが開かない、下垂してしまっている“先天性眼瞼下垂”。
もう一つは、加齢等によってまぶたの筋肉(挙筋腱膜)とまぶた(瞼板)との接続に緩みが生じてしまうことによって、筋肉は正常に収縮しても、筋肉とまぶたの接続に緩みが生じているとまぶたはしっかりと開かない “腱膜性眼瞼下垂(後天性眼瞼下垂)”があります。

先天性眼瞼下垂
  • 生まれつき筋肉に障害や問題がある
  • 重度の眼瞼下垂
  • 基本的には片側だけに引き起こることが多い
後天性眼瞼下垂(腱膜性眼瞼下垂)
  • 筋肉は正常に動く
  • 比較的症状としては軽度
  • 両側性に起こりやすい

腱膜性眼瞼下垂は、基本的には加齢症状の一つです。加齢によって誰しもが引き起こす可能性があるものです。さらにまぶたを擦る癖のある人や、アイプチなどのアイメイクでまぶたを擦りやすい環境にある人などはさらに眼瞼下垂の状態を加速させる可能性が高い。

眼瞼下垂に対する考え方

眼瞼下垂の治療目的、眼瞼下垂に対する考え方はいくつかあります。加齢によってまぶたの開きが悪くなってしまい、視野に問題を引き起こしてしまうケースなど「病的な眼瞼下垂の治療」もあれば、私たちが得意、専門としている「美容目的、容姿の改善を目的」とした眼瞼下垂の治療があります。

美容的な眼瞼下垂というのは、単純な二重まぶたの治療と違って、まぶたの開き具合をさらに大きくすることができるので、目の縦幅を広げることができます。そうすることで、黒目の露出が大幅に増えます。カラコンのディファインがまさにその状態です。黒目の露出が増えると目力のある印象に変わるため表情豊かな自然な美しさを手に入れることができるため人気が高いのです。これも眼瞼下垂の治療の一つなのです。
ですので眼瞼下垂と言っても、病的・症状改善のための眼瞼下垂なのか、それとも容姿の改善目的、美容治療としての眼瞼下垂なのか、その方の希望によってさまざまなのです。

眼瞼下垂の治療法

眼瞼下垂の治療法についてご案内します。
眼瞼下垂(後天性)の治療法には、まぶた(瞼板)と筋肉との接続の緩み、筋肉の伸びを解消させる“挙筋前転法”という方法と、筋肉そのものを短縮する“挙筋短縮法”という方法があります。
挙筋短縮法(タッキング法)は筋肉を折りたたむか、切除して筋肉を短くすることでまぶたの開きを改善します。
一方、挙筋前転法筋肉の切除を一切行わず、瞼板と筋肉との接続を再固定するか、緩みのない位置で新たに再固定することでまぶたの開きを改善させます。

眼瞼挙筋にはミューラー筋と呼ばれる自律神経に関与している筋肉が接続しているため、筋肉を直接的に切除する治療よりも筋肉に影響を与えない挙筋前転法が生理的であると考え、当院では挙筋前転法を眼瞼下垂の主たる治療法として採用しています。もちろん、重度の眼瞼下垂に関しては挙筋短縮法や筋膜移植法などそれぞれの状態や症状に応じた治療法を実施します。

[眼瞼下垂手術についてはこちら ]

眼瞼下垂の予防ってできるの?

眼瞼下垂の予防ってできるのか? よくこう言った質問をされます。答えは難しいです。なぜなら眼瞼下垂は加齢症状の一つでもあるからです。加齢を予防したくても現実には難しいでしょう。
ただし、加齢とは言ってもまぶたを擦るなどの動作をしてしまうと、まぶたを持ち上げる筋肉とまぶた(瞼板)との緩みを一気に加速させてしまいより眼瞼下垂が悪化してしまうことがあるため十分注意が必要です。

関連記事

  1. 眼瞼下垂の予防

    眼瞼下垂を予防する方法について

  2. 眼瞼下垂の料金

    眼瞼下垂の治療費用のご案内

  3. 眼瞼下垂

    眼瞼下垂で強い目力を手に入れる!!

  4. 黒目を大きくする方法

    黒目を大きくする方法って一体どんな方法があるの。本当に大きく…