初めての

初めて二重瞼にしようと考えている方に知って欲しいことが2つあります。
それは、二重瞼にすることについて。もう一つは私たち慶友形成クリニックのこと。

二重まぶたにする方法は基本的な方法、治療原理や術式というのは教科書もありますし手法は同じです。しかし、同じ術式であってもその中身は大きく違います。例えば眼瞼下垂(挙筋前転法)などが良い例です。通常、皮膚を切開し眼窩隔膜を露出させ、それを切開し瞼板に固定する。術式というのはこれ以外にはありません。しかし、実際の手術の中身については、さまざまな処理の方法や細かさに大きな違いがあるのです。
横走靭帯をどう処理するのか、実はそれ一つで開きやすさに変化を生じます。靭帯を処理することだけで、まぶたの開きやすさが自然で心地よく開けることができるのです。それによって見た目の美しさではなく、自然な開き方、スムーズなまぶたの開閉にするなどの差につながります。
また、寝ている状態で眼瞼下垂の手術などは行われますが、起き上がったときにどうなるかなど様々な状況、状態に合わせた治療も必要だと考え、より自然な美しさのためにできる最善の方法で治療することが何より必要であると私たちは考えています。

形成クリニックとは

慶友形成クリニックと他の美容外科との明確な違いは全てにおいて専門性の高い治療を提供することです。注射だから、簡単な治療だからといって美容医療を提供するようなことはありません。すべて専門医を取得後10年以上の美容外科の実績がある医師だけが診察・治療にあたりますし、主治医性を取っており、診察・カウンセリングから治療、術後の仕上がりまでの主治医が責任を持って対応します。

それは技術だけではなく、医療設備や使用する医療材料についてもこだわっています。手術室の基準というのは国内の医療法では定められていないのでい

二重の基礎知識

目の内側「目頭」の部分のまぶたの皮膚がかぶさっていることで、本来は大きな目であるにも関わらず小さく見えてしまっている方、蒙古襞が強く末広型の目元になっている方、目尻が上がっていないのに目頭側の皮膚がかぶさっていることでツリ目に見えている方。これらは蒙古襞が原因です

二重瞼が仕上がるまで

将来崩れたり、変形したりしないの?

メンテナンスは必要なの?

どんな二重瞼にもなれるの?

二重の治療で大切なこと