アイリフトで叶える目元の若返り法

アイリフト

まぶたのたるみが気になり始めた。まぶたのたるみはどれだけ頑張っても防ぐことはできません。自然な老化を受け入れるのも仕方がないとは考えてもやはり避けたい。改善したいと思うのは普通のこと。
レーザーなど切らない、手術に頼らないリフトアップに期待を持つ方も多いのですが、目元となるとレーザーが禁忌なことが多い上、現実的な効果、満足できるリフトアップ効果を実感できるレーザーというのはほとんどありません。結局頼りになるのは外科的な治療「アイリフト」なのです。

リフトとは

アイリフトとは、目元のたるみを引き上げて一気に見た目の若返りをはかる外科的な治療法です。たるんでしまった、弛んでしまった皮膚そのもののたるみを切除する。外科的に取り除くことができるので確実にたるみが解消し、目元は以前のようなたるみのない若々しい目元へと生まれ変わります。

そんなアイリフトですが、一言でアイリフトと言っても実はいくつかの手法があります。まぶたのたるんでしまった皮膚を切除して引き上げることに違いはないのですが、どの部分、どの範囲から引き上げるのかということでアイリフトの術式は違ってくるのです。
ポイントはまぶたのたるみをどこから切除するのかということ。ここではそんなアイリフトの具体的な治療法、種類についてご紹介します。

眉毛下切開

眉毛下切開とは、眉の真下を切開し、眉とまぶたの間に生じてしまった皮膚のたるみを引き上げて、目元のたるみを一気に解消するアイリフトです。他のアイリフトに比べ、目尻側のたるみを大きく切除することができるのでリフトアップ効果に優れています。
また、二重まぶたを作る訳ではありませんので、目元の印象を変えることなく、昔のようなたるみのない自然な目元を再現することができるのが大きな特徴です。

上眼瞼切開

二重まぶたのライン上を切開して、弛んでしまった余分な皮膚を切除するのが上眼瞼切開というアイリフト手術です。まぶたのたるみを直接切除するため確実はリフトアップ効果を実感することができます。
上眼瞼切開は一重瞼の方を二重まぶたにすることができるため、若返りと同時に美しい目元へと変化させることができるのが大きな特徴です。

上眼瞼切開

眼瞼下垂

眼瞼下垂は上眼瞼切開と同様、二重まぶたのライン上を切開して余分な皮膚を取り除くというところは同じです。違いは筋肉の操作です。上眼瞼切開はあくまでたるんでしまった皮膚を切除してまぶたのたるみを取り除くのですが、眼瞼下垂はまぶたを持ち上げる筋肉も操作することによってまぶたの開き具合までも調整することができる治療法です。
加齢によって生じるまぶたのたるみが皮膚だけではなく、筋肉まで弛んでしまった場合は眼瞼下垂の手術で目の開きまで改善できるのが眼瞼下垂の特徴です。

眼瞼下垂

アイリフトの選択について

アイリフト、まぶたのたるみ取りを受けていただく上で重要なのは治療法の選択です。今のたるみがどのような状態でどの治療法が適切なのかということを正確に判断することが大切です。それぞれの治療法の違い、どこまでのリフトアップを求めるのか、仕上がりの状態など総合的に判断することが大切であることを忘れないで下さい。
もちろん、これらはご自身では判断できない内容です。ですので私たち専門医にお気軽にご相談ください。あなたのまぶたの状態を正確に判断し、どう言った治療法が望ましいのか詳しくご説明させていただきます。

関連記事

  1. 埋没法の料金

    二重まぶたの料金って料金表を信じて良いの? 実際にかかる費用…

  2. 眼瞼下垂の料金

    眼瞼下垂の治療費用のご案内

  3. 二重まぶたの治療法

    各治療案内

  4. 一重と二重の違い

    二重まぶたってどうやって作るの?一重と二重の違いって何? 初…

  5. 二重まぶたの相談

    初めての二重まぶた。診察だけでも緊張するしハードルが高い。実…

  6. まぶたの基本構造

    まぶたの基本構造