眼瞼下垂を予防する方法について

眼瞼下垂の予防

最近メディアでも多く取り上げられるようになった「眼瞼下垂」。
まぶたがしっかりと開かなくなった状態のことで、その原因は加齢によるものであったり、アトピーなど皮膚疾患が関与しているものも少なくない。
眼瞼下垂にはなりたくない、眼瞼下垂をこれ以上進行させたくないという方も多いと思います。眼瞼下垂の予防ってどうすれば良いんだろう? そんな方法があるんだろうか?
ここではそんな眼瞼下垂の予防法、その対策についてご案内します。

眼瞼下垂の原因って

眼瞼下垂の原因は2つ。一つは筋肉そのものに障害や問題があるタイプ。もう一つは筋肉には問題がないけれど筋肉とまぶた(瞼板)との接続に問題があるタイプです。前者は先天的に眼瞼挙筋に障害がある“先天性眼瞼下垂”で、後者は目の酷使や擦ったりするなどの行為によって生じる“後天性眼瞼下垂”です。
先天性眼瞼下垂は生まれつきのものですので予防することはできませんが、後者については後天性ですのでいくつかの予防対策があります。

眼瞼下垂を予防する

後天性眼瞼下垂、腱膜性眼瞼下垂ですが、これらの病態というのは、まぶたを持ち上げる筋肉とまぶた(瞼板と呼ばれる組織)の接続が緩んでしまったり、伸びてしまうことで起こります。
どうして緩んでしまうのか。それはさまざまな原因があります。
コンタクトの使用、パソコン・スマホなど目の酷使、アイメイク等など普段の生活で誰もが行っている動作が原因なのです。もちろん、それ以外にもアトピーなどで目を擦ってしまうなども眼瞼下垂を誘発する可能性があるのです。

(眼瞼下垂を予防するには)

眼瞼下垂の予防というのは、日常生活の中の動作・行動ですので根本的に防ぐということは無理なのです。もちろん、コンタクトレンズとハードからソフトに変えることは有効ですが、ソフトタイプだからと言ってそれで確実に予防できるわけではありませんし、スマホの時代に制限すると言っても現実問題として難しいでしょう。

普段の生活の中で気をつけることは、とにかくまぶたを大切に扱うということです。アイメイクや濃いメイクなどはクレンジグの際に擦ったりしてしまうのはよくないでしょうし、アイプチやアイテープなどは眼瞼下垂を悪化・進行させるので控えること、使用しないということが眼瞼下垂の予防、進行を防ぐことにつながるのです。
まぶたの整形を推奨するわけではありませんが、アイプチ等を使用するのであれば埋没法などで二重まぶたを作ることの方がまぶたには良いということは知っておいて下さい。

関連記事

  1. 眼瞼下垂の料金

    眼瞼下垂の治療費用のご案内

  2. 眼瞼下垂とは

    眼瞼下垂とは

  3. 眼瞼下垂

    眼瞼下垂で強い目力を手に入れる!!

  4. 黒目を大きくする方法

    黒目を大きくする方法って一体どんな方法があるの。本当に大きく…