眼瞼下垂で強い目力を手に入れる!!

眼瞼下垂

下垂で叶える美しい二重まぶた

目力ある美しいまなざしを手に入れる

究極は「眼瞼下垂」による二重まぶた

目元に元気がないから目力が欲しい、パッチリとした大きな目元に変わりたい。黒目をもっとしっかりと出したい、眠そうな目元を解消したい。今のあなたの悩み全て「眼瞼下垂」の手術で解消させることができます。
眼瞼下垂の手術は、埋没法や切開法などこれまでの二重まぶたの手術とは違います。これまでの二重まぶたの手術というのは、まぶたの皮膚だけに加工を加えることで美しい二重まぶたに仕上げてきました。しかし、眼瞼下垂の手術はさらにまぶたを持ち上げる筋肉の動きまで操作することができることから、目の大きさや開き具合まで調整することができる究極の二重まぶたの手術なのです。

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂の手術というのは、まぶたの筋肉を調整し、まぶたの開き具合を改善させて目を大きく開けることができるようにし、さらにまぶたの皮膚を調整し、二重まぶたを形成する美容外科・形成外科の手術です。
埋没法や切開法のように二重まぶたにする手術とは違い、まぶたを持ち上げる量を増やすことができるため、目の縦幅が広くなり黒目がしっかりと露出することで、目そのものが大きくなった印象を与えることができます。

下垂の目的

眼瞼下垂の目的は、大きく分けて2つあります。一つは病的にまぶたの持ち上がりが少なく、開き具合が悪い状態を改善させることで視野を広げるということ。もう一つは美容的に目そのものを大きくし、目力のある美しい二重まぶたにするということです。

眼瞼下垂には2つの目的があります。
(美容の治療としての眼瞼下垂)
  • 一重まぶたを二重まぶたにする
  • 目力のある魅力的な二重まぶたになる
  • 黒目を大きく見せる
  • 大きな目の印象に変わる
  • 左右差を揃える など
(病気の治療としての眼瞼下垂)
  • 視野の改善
  • まぶたの持ち上がりを改善
  • 偏頭痛の改善
  • 肩こりの改善 など

いずれの方法でも実際の手術内容は同じであり、目の開きを大きくすること、目そのものを大きく見せることが眼瞼下垂の手術なのです。

眼瞼下垂手術

眼瞼下垂の手術内容をご紹介します。当院における眼瞼下垂は「挙筋前転法」と呼ばれる手法です。簡単に説明すると以下の通りです。
本来、目を開ける(まぶたを持ち上げる動作)というのは、筋肉が収縮し、まぶたを持ち上げる連動した動作なのですが、まぶたがしっかりと開かない状態というのは、筋肉とまぶたの連結に緩みがあるからなのです。
挙筋前転法というのは、筋肉とまぶたを再固定し、緩みのない状態にすることで筋肉の動きに対し、より正確に持ち上がるようにすることで目をしっかりと開けるように整える治療なのです。

私たちの眼瞼下垂

自然な目力の魅力と美しさ

目を開ける感動を実感してほしい

私たちの眼瞼下垂の手術はまぶたの筋肉を調整し、開きやすさを改善するだけではありません。靭帯や眼輪筋、皮下組織など複雑に絡み合う複合要素を丁寧に処理することで、目を開ける際の心地よさ、スムーズさに感動していただける眼瞼下垂の手術をおこなっています。

自然で美しい仕上がり

美しく自然な仕上がりにするということは決して簡単なことではありません。なぜなら皮膚だけでも難しい上、眼瞼下垂の場合、筋肉まで操作するためさらに難易度が高くなります。私たちには手術への工夫と治療実績があるからこそ眼瞼下垂の手術には絶対的な自信があります。

傷跡を目立たせない

眼瞼下垂の手術は皮膚を切開する以上、必ず傷跡の問題が発生します。私たちは皮膚の縫合はマイクロサージャリーの技術を応用した顕微手術でより精度の高い縫合技術で傷を目立たせなくするだけでなく、術後の傷跡処置を丁寧に実践し、不安要素である傷跡を目立たせなくしています。

眼瞼下垂の特徴・効果

Feature& Effect

眼瞼下垂はまぶたを持ち上げる筋肉の動きを調整し、しっかりスムーズに開くように改善する美容外科手術です。病的にまぶたを持ち上げることのできない症状を改善するだけでなく、美容的に美しさを求めて目を大きくする手術として非常に有効です。

このような方にお勧め

・二重まぶたにしたい
・眠そうな目元をしっかりとさせたい
・目力のある目元に変わりたい
・目をパッチリと大きな印象に変えたい
・まぶたの開きをスムーズにしたい
・黒目を大きく見せたい
・目をしっかりと開くようにしたい

眼瞼下垂概略

手術時間
150分
通院回数
翌日/抜糸/経過診察/最終チェック
抜糸
10日
メイク
抜糸の翌日から可
洗顔
患部を濡らさなければ当日から可
シャワー・入浴
シャワーは当日から可、入浴は腫れが落ち着いてから

下垂へのこだわり

Insistence

眼瞼下垂の手術は私たちがライフワークにしている手術の一つです。
そんな眼瞼下垂の手術だからこそ、さまざまなこだわりと強みがあります。

(心地よさを実感できる)
眼瞼下垂の手術に大切なのは見た目の自然さだけではありません。筋肉の動きをコントロールするからこそ、まぶたの動きまでこだわり、開瞼のスムーズさと心地よさを実感できる眼瞼下垂の手術をおこなっています。 見た目の美しさ、自然さは当然必要なこと。私たちの眼瞼下垂は靭帯などの処理を組み合わせ、まぶたの開きをよりスムーズにできるような眼瞼下垂の手術をおこなっています。

(デザインへのこだわり)
眼瞼下垂の手術において美しい仕上がり、自然な二重まぶたというのはデザインで決まります。私たちはあなたのなりたい目元に叶えるために細かなデザインを描き、仕上がりの自然さ・美しさを追求した眼瞼下垂をおこなっています。

(目立たせない傷跡)
眼瞼下垂の手術は切開線がどうしても大きくなってしまいます。だからこそ傷跡を目立たせない工夫が大切なのです。私たちは傷跡のケアとして顕微手術による傷の縫合、術後の傷跡ケアなどさまざまな取り組みを通して眼瞼下垂の傷跡を目立たせないようにする工夫を凝らしています。

(腫れに対する取り組み)
眼瞼下垂の手術は驚くほど腫れるというのが一般的な経過です。しかし、私たちは腫れの少なさに自信があります。当たり前のことなのですが、丁寧で繊細なまぶたの扱い、細かく丁寧な結合組織の速やかな除去、腱膜と瞼板との固定法などの工夫によって他と比べ大幅に腫れの少ない眼瞼下垂手術を可能にしています。それはこれまで眼瞼下垂の手術を受けて来られた方の修正手術等で腫れの少なさに驚かれることがその証です。

(不自然さ・過剰な矯正)
眼瞼下垂の手術で意外に多いのが仕上がりの不自然な二重まぶた。それらのほとんどは過矯正によるギョロッとした状態で不自然さを拭いきれません。私たちが目指す眼瞼下垂の仕上がりは自然な美しさです。手術中に何度も開閉状態を丁寧に確認し、固定位置を調整したり、靭帯などの処理を細かく行うことでより自然で美しい二重まぶたに仕上げています。

下垂の治療の流れ

Operation FLOW

眼瞼下垂で美しく目力のある二重まぶたに仕上がるまでの流れ

(1)カウンセリング
診察・カウンセリングで目元の状態を診察し、眼瞼下垂の適応、具体的な治療法、リスクや術後の経過等をご説明いたします。カウンセリングのお時間は概ね30、40程度です。初めてのカウンセリングですと緊張しているかもしれませんが、私たちに気を使う必要はございません。お知りになりたいこと、疑問や不安なことなどございましたら遠慮なくご質問下さい。
(2)各種検査
眼瞼下垂を受けていただくためには血液検査が必要です。血液検査はご要望がございましたらカウンセリング当日に受けて頂くことも可能です。血液検査の結果は5、6日程度のお時間を頂きますので手術の日程はそれ以降でのお申込みとさせて頂きます。
(3)眼瞼下垂の手術
眼瞼下垂の手術を受けて頂く当日はそのまま手術室に入室するのではなく、最終確認のため再度打ち合わせをいたします。その後、手術室に入室して頂きます。眼瞼下垂の手術そのものは150分程です。術後は状態観察のため別室でお休み頂き、止血等をチェックし、問題がないことを確認しご帰宅していただけます。
(4)傷跡のケア
眼瞼下垂の手術の翌日は傷跡の処置をさせて頂きます。お時間は10分程度かかります。創部は開放状態ですが、洗顔等は普通にしていただいても問題ありません。お渡しする注意事項の用紙を参照し、消毒等を行なって頂きます。
(5)抜糸
眼瞼下垂の手術後10日目に縫合している糸を抜糸します。抜糸のお時間は20分程度を見て下さい。抜糸は皮膚を傷つけたりする訳ではありませんが、糸を少し引っ張ったりすることで若干ですが、痛みを感じることがあります。
抜糸後は特に処置をする訳ではありません。
(6)赤み(紅斑)の持続
眼瞼下垂によってできた切開線は、手術後2週間を過ぎると紅斑といって赤みのある状態になることがあります。この赤みは切開によって生じた一時的なものです。早い人で数週間、通常は2、3ヶ月程度で落ち着きます。特に何か処置が必要な訳ではありませんが、紅斑が気になる方はメイク等で隠すことを推奨します。
(7)最終チェック
眼瞼下垂の術後、2・3ヶ月後に診察させて頂きます。傷跡、仕上がりの状態、眼瞼下垂手術の満足度を確認させていただき、特に問題がなければ終了です。

下垂の費用

Medical Bills

眼瞼下垂の費用は美容外科によって違ってきます。当院では不透明な個人差による追加加算や腫れを少なくするための追加費用などの発生は一切ございません。全て最上級の眼瞼下垂手術を以下の価格で受けて頂くことが可能です。

初診料
3,000円
血液検査
6,000円

手術費用
500,000円

これが眼瞼下垂を受けて頂く際に発生する費用の総額です。術後検診費用等も全て含まれています。上記は全て税抜き価格です。

下垂に関するさまざまなご質問

FAQ
Q:保険適応の手術もあるようですが、自費診療の手術との違いはなんですか?

眼瞼下垂の手術費用についてですが、保険適応になる場合と保険外いわゆる自費診療の両方があります。
手術の内容については基本的に差はありません。同じ術式です。
一般的なことですが、保険診療というのは疾患・病気としての治療、症状の緩和です。自由診療は目を大きくする、パッチリとした二重まぶたにするなど容姿を目的とした治療です。
軽度の症状では保険手術の対象ではありません。また、肩こりや偏頭痛というのは眼瞼下垂の症状の一つですが、保険対象となることはありません。
すべて診察で判断しますので、よろしければ一度診察にお越し下さい。

Q:術後は大きく腫れると思いますが、不自然な腫れは何日ぐらいで引きますか?

眼瞼下垂の術後の腫れですが、翌日が一番腫れます。通常の経過ですと2、3日強い腫れが持続しますが、5、6日で7割程度の腫れは落ち着きます。1週間以降でこれまでのような不自然な腫れが軽減し、抜糸の頃にはある程度落ち着いているとお考え下さい。

Q:抜糸をするまで休みを取った方がいいですか?

そうですね。糸が残っている状態というのはやはり不自然でしょうし、目を閉じると糸が残っているのはわかります。ただし、眼瞼下垂の抜糸は10日以降を推奨しています。そのため多くの方は1週間程度で腫れが落ち着いていたらメガネをかけるなどして復帰されている方もお見えになります。

Q:全切開と眼瞼下垂の違いはなんですか、ダウンタイムも違いますか?

全切開と眼瞼下垂の治療の違いですが、根本的に違うのは、全切開というのは二重まぶたを作る手術、眼瞼下垂というのは二重まぶたにすることと同時に目の開きを良くし、さらに広がった大きな目元にできるという点です。もちろん、全切開でも脂肪を除去したりすることで腫れぼったさなどを改善することはできますが、黒目の露出を増やすなど目そのものを大きくするには、眼瞼下垂の手術のように筋肉まで操作してさらに大きく見開く要する必要があります。

さらなるしさを求めて

Effective Aging

眼瞼下垂は目力を与え、美しい目元に変化させることのできる美容整形手術です。眼瞼下垂の手術によってさらにキレイになったあなたにおすすめする治療があります。それは「ベビーセル」です。
ベビーセルはあなたの肌をキレイにし、老いを遅らせるだけでなく若返り効果にも優れた特別なスキンケア。眼瞼下垂でキレイになったあなたに受けていただきたいスキンケアです。お気軽にご相談下さい。

ベビーセル
〜 肌を根本から若返らせる 〜

あなた自身の細胞を使った肌を根本的に若返らせることができる肌の再生医療『ベビーセル』。アンチエイジングは新しい時代へと進化を遂げています。あなたの未来の素肌をベビーセルに委ねてみませんか。

関連記事

  1. 黒目を大きくする方法

    黒目を大きくする方法って一体どんな方法があるの。本当に大きく…

  2. 眼瞼下垂の料金

    眼瞼下垂の治療費用のご案内

  3. 眼瞼下垂の予防

    眼瞼下垂を予防する方法について

  4. 眼瞼下垂とは

    眼瞼下垂とは