まぶたのたるみは美容外科で解消する!!

たるみ取り

まぶたのたるみは美容外科で解消できる

最近、目元のたるみが気になり始めた。前まではもっとパッチリ目だったのに二重の幅が狭くなってしまった。これらはまぶたの皮膚が伸びてたるんでしまっている証拠。あなたのそのまぶたのたるみの悩みは美容外科で速やかに解消することができます。
まぶたのたるみは誰もが引き起こす加齢・老化症状の一つ。だからと言って放置するのは嫌、歳だからって諦めるのは本心でしょうか。たるみを解消できるのなら解消したいと思うのが、いつまでも若さと美しさを願う女性のホンネではありませんか。
ここでは美容外科で解消できるまぶたのたるみ、その方法についてご紹介します。

まぶたのたるみを取る方法

ここでは美容外科で一般的に行われているまぶたのたるみを取る方法をご紹介しましょう。まぶたのたるみは皮膚のそのものが伸びてしまった状態で、メイク等で隠すことができるものではなく、美容外科で確実に引き上げて解消させることが確実で一番望ましいでしょう。
そんなまぶたのたるみを取る方法には以下に示す2つの方法があります。
一つは上眼瞼切開と言ってまぶたの皮膚そのものを直接的に取り除く方法、もう一つは眉部分に切開を加え上側からたるみを引き上げる方法です。
それぞれにメリット、デメリットがありあなたの望む仕上がりや、現在のまぶたの状態に応じて適切な治療法を選択することが何より大切です。

上眼瞼切開
眉毛下切開

上眼瞼切開によるまぶたのたるみ取り

上眼瞼切開というのは、弛んでしまったまぶたの皮膚そのものを直接切除してたるみを一気に引き上げる美容外科手術の一つです。弛んでしまった余分な皮膚を直接切り取るため確実にたるみを解消させることができます。
一重瞼の方は二重まぶたを新たに設定することもできますし、もともと二重まぶたの方は昔のラインを生かしてたるみを解消させることができます。

さらに詳しい上眼瞼切開

眉毛下切開によるまぶたのたるみ取り

眉毛下切開は、眉下切開、アイリフトとも呼ばれるリフトアップ手術。眉の直下を切開し、弛んでしまった分の皮膚を切除して引き上げることで目元のたるみを解消させるエイジング治療です。眉の直下からアプローチするため上眼瞼切開に比べ外側の皮膚を広範囲に切除できる特徴があるため、目尻側の皮膚に強いたるみを生じているタイプに向いている治療です。一重瞼の人は一重のままで、二重まぶたの人はたるみだけを解消させることができるため仕上がりが非常に自然です。

眉毛下切開

さらに詳しい眉毛下切開

たるみ取りの注意点

美容外科手術によってまぶたのたるみを解消する方法というのは、皮膚そのものを直接切除するためたるみを解消するという意味においては確実な効果を実感できるでしょう。しかし、それが自然な仕上がりかどうか、美しいかどうか、治療の満足度合いの評価となると治療法の選択も大きな要素となります。
ですので美容外科でたるみを解消したいと考えている方に知っておいて欲しいのはどう言った治療法が適しているのか、どこまでの若返りや修復が可能なのかということを医師しっかりと打ち合わせをすることが大切ですなのです。
その要が「カウンセリング」です。私たちはカウンセリングを何より大切にしています。まずはあなたの悩み、どう言った仕上がりになりたいのかということをご相談ください。専門医があなたの悩みに寄り添い、具体的な治療法や術後の経過、仕上がりについて細かくアドバイス致します。

関連記事

  1. まぶたの凹み

    上瞼が凹んでいるからと言って安易にヒアルロン酸や脂肪を注入し…